いびきも回数減り無呼吸なし

*最近の血圧の記録を見て、どこが高血圧??と思われるでしょうが、1年前は夜間180/120という血圧で苦しんでました。色々と取り組んできて、今の所薬に頼り過ぎずに(2017年4月からは薬は止める事が出来ました。)血圧を下げる事に成功しています。

しかし、仕事中は160/100は珍しくなく、仕事が大きなストレスになってましたが、⇒2016/04/25 退職後日中の血圧は安定してきました。)

血圧が大きく上がる時間帯を注意すべきです。具体的には、早朝高血圧、仕事中の高血圧、夜間高血圧この3つには注意を払って生活します。私は重度の睡眠時無呼吸症候群(SAS)でした。それでも体重を10㎏減らすことでSASは中程度に。そして遂に検査の結果1時間当たりの無呼吸が5回未満となり、Cパップという器械を2017年4月末で外せました。しかし再び高血圧・無呼吸のリスクを抱えていることは忘れてはいません。そのためにこうして日記を継続していきます。

早朝高血圧と高血圧チェック血圧備考
就寝前30分以内( 上腕デジタル)夜の測定がなおざりになっている。
起床後30分以内134/84 p55(上腕デジタル)
就寝前と起床後の最大血圧の差+20mmHg以上は早朝高血圧
就寝前と起床後の最大血圧の平均値135(140)㎜以上は高血圧
起床後30分以内の最高血圧134135(140)以上ない事が重要
活動前に測る。活動後は10分程度は休んで測らないと血圧測定位の前提が崩れる
正午±60分以内(上腕デジタル)
運動実施の記録 股関節周囲、下肢のストレッチは1回/1日。最近はストレッチも運動らしい運動もしていない。
体重この1年間68㎏だった体重がほぼ60~61㎏2017年年末に65kgと大幅増加以来2018年6月になってもそのまま
体温就寝前:℃ 起床時:36.1℃(白湯を飲んだ後) 正午 ℃10分間計測。夜の30分入浴⇒5分程度に減少。体温が低めなので再度15分程度に増やす。朝の白湯継続
室温・湿度就寝前 % 起床時 26℃ 72%、  
食・サプリ昼と夕食は玄米合計で1合。あと、朝と夕食は青汁。昼、夕、豆腐。その他、きなり、スピルリナ(スピレンという商品に変更。森美智代さんが摂っているもの。


体重減量記録

体重が減らない。減らないというのでなくつい食べてしまうから当たり前。60kgまで戻さないと、という言い方では当分戻せないかも。でも戻す。

日付朝の体重
2018071665
2018060465kg
2018010264.1kg
2018011664.5kg
日付朝の体重

睡眠時無呼吸

今夜は500ML一缶。いびきはかくけど無呼吸0回。
マウスピースの威力おそるべし。

いびき00-min

全ては抱きまくら(u字型)よりも、マウスピースのおかげ。購入して実物を見た時にはほんとにこんなもの効果あるの?と思ってたが「効果大ありだよ。」
わずか1,280円だ。騙されたとしても僅かな損。舌の沈下を防ぐ画期的な方法。ただ舌を吸い込むには少し要領がある。舌の半分ぐらいがマウスピースに吸い込まれた感じがあれば舌を抜こうとしても抜けなくなる。

戻る
a:82 t:3 y:1

コメント


認証コード1905

コメントは管理者の承認後に表示されます。