オメガ6系は体内でアラキドン酸という脂肪酸に変わり、動脈硬化の原因にも

*最近の血圧の記録を見て、どこが高血圧??と思われるでしょうが、1年前は夜間180/120という血圧で苦しんでました。色々と取り組んできて、今の所薬に頼り過ぎずに(2017年4月からは薬は止める事が出来ました。)血圧を下げる事に成功しています。

しかし、仕事中は160/100は珍しくなく、仕事が大きなストレスになってましたが、⇒2016/04/25 退職後日中の血圧は安定してきました。)

血圧が大きく上がる時間帯を注意すべきです。具体的には、早朝高血圧、仕事中の高血圧、夜間高血圧この3つには注意を払って生活します。私は重度の睡眠時無呼吸症候群(SAS)があります。体重を10㎏減らすことでSASは中程度になりました。ただCパップという器械はまだ外せません。再び高血圧になる爆弾は抱えながらの生活です。

早朝高血圧と高血圧チェック血圧備考
就寝前30分以内118/75 p60 上腕デジタル)少しお酒を飲むと血圧は下がる。飲みすぎると明日の反動が大きくなり、血管に大きな負担が生じる。
起床後30分以内128/87 p67(上腕デジタル)どうも夜間の眠りが浅い感覚。
就寝前と起床後の最大血圧の差10+20mmHg以上は早朝高血圧
就寝前と起床後の最大血圧の平均値123135(140)㎜以上は高血圧
起床後30分以内の最高血圧128135(140)以上ない事が重要
少し活動後に測ると結構高めになった。活動前に測ること。活動後は10分程度は休んで測らないと血圧測定位の前提が崩れる
正午±60分以内(上腕デジタル)
運動実施の記録 股関節周囲、下肢のストレッチは1回/1日。ここ1年間運動らしい運動はしていない。
体重この1年間68㎏だった体重がほぼ60~61㎏ここ2ヶ月63kgと再び増加。体温が36℃を下回ることが出てきたのはそれが原因かも。
体温就寝前:36.4℃ 起床時:36.1℃ 正午 ℃10分間計測。夜の30分入浴と朝の白湯継続
室温・湿度就寝前25℃ 47% 起床時 24℃ 47%、  
食・サプリ昼と夕食は玄米合計で1合。あと、朝と夕食は青汁。昼、夕、豆腐。その他、きなり、スピルリナ


日本人が米離れをしてる。でも腸の長い日本人は米がウマイと思う、体質にも合っている。日本の米、大豆、麦などの主要な農作物の種子は、「種子法」で守られてきた。

しかし、今国会で森友騒ぎで馬鹿騒ぎしてる間に、種子法廃止となった。

これで、今まで守られてきた日本固有の主要農作物の全ての知見を、単なる大手企業に全て渡す義務が生じるようになった。という売国の法律。種子を握るものが世界を制す。これであのベトナムで大量に枯葉剤
を撒いたモンサントなどのアグリカルチャー企業に食を支配される。

こんな愚かな売国行為に賛成した国会議員や農水省役人。安全性の確認もされていない遺伝子組換え食物が毎日の「米」として食べるようになる。恐ろしい。偏差値だけ良い亡国役人。己の利益優先の政治家。これも全て国民が愚かだから。中国侵略の前に許してしまった食の安全性侵略。今回は怒りがおさまらない。

どうも朝の目覚めが悪い。Cパップを外した今、横向きは良いとしても仰向けの時にはいびき、無呼吸がかなり生じてる?との不安あり。

でも何とか工夫してやってみよう。

食塩の過剰摂取が原因で高血圧になる人はたしかにいます。でも1~2%程度という調査結果あり。ナトリウム量が増えると浸透圧で体液は増えるので血管を流れる血液量が増える。それが原因で血圧が高くなるのは1~2%程度とのこと。

だから高血圧を全て塩分のせいにするお医者さんは、マクドナルドのマニュアル店員と同じ。

塩分過剰摂取が高血圧の原因として定着したのは、「疫学調査」による。ある病気(この場合は高血圧症)が特定のグループに多かった。そのグループは塩分摂取量が多いグループだったという理由。でも確かな因果関係があるかどうかは、それからの詳細な研究が必要だった。それをせずに、塩分と高血圧の因果関係を結論づけた。こうして高血圧の原因=塩分の過剰摂取となったという経緯。

川島朗 「人が死ぬ時に後悔する34のリスト」

医者が患者さんを診察してわかるのは、その病態だけで、どんな名医でも、その病気を引き起こした本質的な原因はわかりません。原因がわからなければ、それを取り除くことはできません。

だから医者は病気を根本的に治すことも、何かの魔法で奇跡を起こすこともできません。医者が患者さんに提供できるのは、その病態に合った病名、そして症状を一時的に抑える治療だけです。

・・・病気の根本的な原因は患者さん自身にあり、それに気づくことができるのは患者さんだけだと私は思います。

それい気づいて、自分を正せる患者さんが、西洋医学の常識では信じられないよいうな奇跡を起こすのです。

本日Çパップを業者が回収して帰った。今夜からÇパップ無しで眠ることになった。体調が悪くなれば再度使うけど、寝方の工夫をしたい。

活性酸素。体を守ってくれるが、過剰に発生することで自分自身の体の組織を壊していく。老化のスピードが早いのもそうだし、動脈硬化なども活性酸素が原因。

タバコ、食品添加物、激しい運動、ストレスなどあらゆることで過剰に発生するので、そういったことを避ける。もうひとつはスカベンジャーと呼ばれる抗酸化作用のある、ファイトケミカルなどを積極的に摂取する。
この2つが病気の予防となる。

栄養について考えの幅が少しだけ広がった。少し前までは5大栄養素と言われてた。今はファイトケミカル(フィトケミカル)や食物繊維を加えた7大栄養素が重視されている。そのうち酵素が入るかどうか。酵素って触媒だから栄養ではないので微妙かな。

各栄養素の働きは、良くわかっているようで実は分かっていないことが多い。ファイトケミカルは植物に含まれる抗酸化物質。

動脈硬化は高血圧の原因として一般的ですが、活性酸素で酸化されることで動脈硬化が起きていると言われる。あの悪玉コレステロールが動脈で酸化され血管壁に付着して血管が狭く固くなる。

ファイトケミカルは、活性酸素の働きを抑える。ファイトケミカルそのものが動脈に代わって活性酸素に酸化される役割を果たすので、しっかりととれば動脈硬化を予防・改善できる。

高血圧の数値ばかりに目が行き痩せようとしても栄養が偏っていれば、動脈硬化を改善するのが難しい。

医者はこんなこと知らないか、知っていても患者には話さない。コレステロールも不足すれば癌になるほど大事なものなので、悪玉という名前に誤魔化されないように。コレステロールそのものに善玉も悪玉もないのに、おそらく医者、製薬会社の考えで命名された。

ファイトケミカルを育てようと思う。「大葉」は紫蘇ともいって簡単に育てられファイトケミカルの量が多い。豆腐に大葉とミョウガの刻んだのを入れて醤油を垂らして食べている。豆腐はお湯で温めたほうが腸に優しい。

血圧を下げる方法を探るために、高血圧と危険な早朝高血圧の2つだけはチェックを継続します。

(*夜間高血圧も非常に危険ですがなかなか測定できないので、夜間目覚めたときにだけ計ります。血圧計は上腕デジタルとアネロイドの2つで測定していたのは2つに誤差があったためです。)

血圧aが正常化するにつれ誤差が殆どなくなりましたので、デジタルのみで計測します。

戻る
a:194 t:1 y:0

コメント


認証コード9705

コメントは管理者の承認後に表示されます。