私の腎臓機能の推移

ここ20年ほど慢性腎炎です。20年の間、eGFRは50程度でほぼ一定していましたが、最近は時々50以下となることもあり、これはしっかりと管理しなくてはいけないところです。高血圧と腎機能は密接に関係しているので、悪循環に陥る事を避けなければなりません。何といっても食事に注意することが第一です。オルニチンやシトルリンは役立ちますが脇役としての役割です。

最近の検査数値の推移を記録していきます。


スポンサードリンク

腎機能検査数値の推移

クレアチニンeGFR尿酸尿蛋白備考
基準範囲0.56-1.06mg/dL60以上3.6-7.0mg/dL-
2017/01/311.1053.06.9-
2016/10/291.0953.86.0-前回とそれほど変化ない。eGFRはこの数値が精いっぱいで60位にはならないと言われた。確かに薬ではそうだろう。正常値になる方法
2016/06/291.09535.6-尿酸の薬を1か月服薬した結果で尿酸値、クレアチニン値が下がったのかどうか、3か月薬をやめて血液検査を受ける予定。
2016/03/141.298.4-慢性腎不全で水分摂取量が2.7Lぐらいある。多すぎて腎臓に負担か。また1日1食の影響はある?
2016/01/081.2148.29.0-悪化。尿酸値の急上昇の理由がわからない。
2015/10/171.1053.56.7-クレアチニンと関係の深いeGFRが悪い。60以上(正常)にはならないと言われているが。
2015/06/171.2646.17.4±
2015/03/061.1152.97.7-
2015/02/171.0854.67.3-
2015/01/171.1152.97.4
2014/10/241.1650.77.1
2014/08/291.2546.76.7+3.0
2012/07/071.106.8
2011/11/181.216.7


eGFR男女・年齢別早見表

*クリックすれば拡大されます。(引用:社団法人日本腎臓学会

Image 2-2

戻る
a:1269 t:3 y:5