横向きを意識して寝てみた。10回に無呼吸が減ったので続行する。

*最近の血圧の記録を見て、どこが高血圧??と思われるでしょうが、1年前は夜間180/120という血圧で苦しんでました。色々と取り組んできて、今の所薬に頼り過ぎずに(2017年4月からは薬は止める事が出来ました。)血圧を下げる事に成功しています。

しかし、仕事中は160/100は珍しくなく、仕事が大きなストレスになってましたが、⇒2016/04/25 退職後日中の血圧は安定してきました。)

血圧が大きく上がる時間帯を注意すべきです。具体的には、早朝高血圧、仕事中の高血圧、夜間高血圧この3つには注意を払って生活します。私は重度の睡眠時無呼吸症候群(SAS)があります。体重を10㎏減らすことでSASは中程度になりました。そして遂に検査の結果1時間当たりの無呼吸が5回未満となり、Cパップという器械を2017年4月末で外せたのです。再び高血圧になる爆弾は抱えながらの生活です。

早朝高血圧と高血圧チェック血圧備考
就寝前30分以内122/72 p62( 上腕デジタル)少しお酒を飲むと血圧は下がる。飲みすぎると明日の反動が大きくなり、血管に大きな負担が生じる。
起床後30分以内112/77 p66(上腕デジタル)
就寝前と起床後の最大血圧の差-10+20mmHg以上は早朝高血圧
就寝前と起床後の最大血圧の平均値117135(140)㎜以上は高血圧
起床後30分以内の最高血圧112135(140)以上ない事が重要
少し活動後に測ると結構高めになった。活動前に測ること。活動後は10分程度は休んで測らないと血圧測定位の前提が崩れる
正午±60分以内(上腕デジタル)
運動実施の記録 股関節周囲、下肢のストレッチは1回/1日。最近はストレッチも運動らしい運動もしていない。
体重この1年間68㎏だった体重がほぼ60~61㎏ここ2ヶ月63kgと再び増加。体温が36℃を下回ることが出てきたのはそれが原因かも。
体温就寝前:36.2℃ 起床時:36.4℃(靴下履かず) 正午 ℃10分間計測。夜の30分入浴⇒5分程度に減少。体温が低めなので再度15分程度に増やす。朝の白湯継続
室温・湿度就寝前23℃(暖房) 50% 起床時 20℃ 42%、  
食・サプリ昼と夕食は玄米合計で1合。あと、朝と夕食は青汁。昼、夕、豆腐。その他、きなり、スピルリナ(スピレンという商品に変更。森美智代さんが摂っているもの。



出現回数が大きく増えた。
睡眠時無呼吸の出現回数

睡眠時無呼吸の出現回数画像
合計14回。

戻る
a:14 t:2 y:0

コメント


認証コード0169

コメントは管理者の承認後に表示されます。