自律訓練法でりラックス

自律神経は意志ではコントロールできません。心臓も呼吸も血圧も体温も生命の基本的な活動はすべて、自律神経で調整されています。

リラックスが血圧を下げる効果があることは体験的にわかるでしょう。副交感神経優位になることで血圧は下がります。

ストレスが溜まった状態は交感神経優位となり、血管は収縮し血圧はあがります。スイッチが戦闘モードに入ってしまい血管を常時傷つけるのです。血流が悪くなるので低酸素、低体温という病気になりやすい状態になります。

自律訓練法については、別の機会に詳しく書きたいと思いますが、とりあえず動画を観てください。自律訓練法を成功させるコツは、「能動的ではなく受身的に効果が現れるのを待つ気持ち」これにつきます。焦る気持ちが出てきたら、一旦中止してください。

こんな動画ゆっくりと見てられないことそのものが問題です。是非習得してみましょう。得るものは大きなものがあります。




a:738 t:1 y:0